猫と小説と煩悩と

BL小説書きの日記です。内容にBLを含みますので、閲覧にはご注意下さい。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

J.GARDEN44お礼 

3/4に行われたJ.GARDEN44に参加して来ました!
ご参加の皆様、お疲れ様でした。
スペースまでいらして下さった方々も、ありがとうございました。
私は今回が6回目のイベント参加だったのですが、ようやくちょっとだけ落ち着けるようになってきました(笑)
とはいえ、やっぱり設営は時間ギリギリなのですよね……。
イベント前は、頭の中で何度もシュミレーションするのですよ。
布引いて、あれを組み立てて、値札出して、本を並べるだけ! と。
だけ、のはずなのに、何故あんなにも時間がかかるのか……。
もっと効率よく動けるようになりたいです。

今回は、既刊が二種売り切れになりましたが、新刊はなんとか持ちました!
ここ最近は新刊が売り切れになってしまうことが多く、申し訳ないことこの上なかったので、最後まであってほっとしました。
通販は新刊、既刊共に、引き続きコミコミスタジオさんにてお願いしております。

コミコミスタジオさん

今回の新刊はたくさん在庫がありますが、既刊は在庫が少なく、次回イベント参加まで持たないかもしれないので、お早めにお求めいただけたら幸いです。
秋庭にも参加したいなと思っておりますが、まずは目の前の原稿ですね!
今年の刊行はもうちょっと先なのですが、楽しい作品をお届けできるよう、頑張りたいと思います。


いつもの通り、イベントでお配りしたペーパー分のSSを上げておきます。
今回のSSは、郁也さんから篤へのラブレターという体で、お手紙にしました。
というのも、今回印刷をお願いしたしまや出版さんで、ラブレターフェアというのをやっていて。
SSをラブレター風にして、封筒に入れていただけるという素敵な企画だったので、これは是非やってみたいなと思い、新刊の中で、篤が誕生日プレゼントに、郁也さんに手紙をおねだりするシーンを入れてみました。
郁也さんのエッチな妄想が知りたいから手紙にして書いて、みたいな冗談まじりのリクエストなのですが、郁也さんは真面目なので実際に書いちゃいました、という手紙です。
なので、手紙だけ受け取っても、多分なんのこっちゃ、という感じだと思います。
新刊を通販でお求めの方は、是非新刊をお読みになってから以下SSを読んでみて下さいv
また、ペーパーはまだ余りがありますので、もし欲しいという方がいらしたら、出版社宛のお手紙等で、ご感想に一言添えていただければ、お返事と一緒にお送りいたします。
それでは、郁也さんのエッチな妄想、お楽しみ下さい♪


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


篤へ

お誕生日、おめでとう。僕の誕生日はまだ先だから、しばらくは一歳差だね。
いつもよりちょっと年齢が近くなると思うと、なんだかドキドキします。
大学生活も慣れてきたと思うけど、これから講義も難しくなってくるから頑張って。
いつでも相談にのるから、なにかあったら言って下さい。
……一応、篤の言っていたアレを書いてみます。でもあの、お願いだから読み流してね?

よく想像してたのは、スーツ姿のあっくんです。同じ会社の後輩とか、いいなって……。
先輩って呼ばれてみたいな。あと……、ネクタイで手首縛られちゃたり、とか。
前に一度見かけた浴衣姿のあっくんも、忘れられないです。
子供の頃と違って、すごくカッコよく着こなしてたよね。
夏祭りの帰りに誰もいない公園でとか……、……なに書いてるんだろうね、僕。 
でもあの、警官姿のあっくんは見てみたいかな。きっとすごく似合うだろうから。
……確かオモチャの手錠とか、あるんだよね?

書いてはみたけど、やっぱり恥ずかしいからこの手紙は渡せそうにないです。
だからってわけじゃないけど……、どんなシチュエーションよりも、
愛してるって言って、キスしてくれるのが一番嬉しいかな。
大好きだよ、あっくん。
郁也

2018.3.4 J.GARDEN44フリーペーパー
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

J.GARDEN44参加のお知らせ 

イベント参加のお知らせです。
3/4、池袋サンシャインシティにて開催のJ.GARDEN44に参加します。
サークル名は『猫と水玉』、スペースはBホール・そ14aです。

新刊は商業誌『猫可愛がり彼氏の初恋』の番外編になります。

猫可愛がり彼氏の初エプロン
『猫可愛がり彼氏の初エプロン』(A5/28P/200円)

今回の表紙はチョコミントっぽい感じにしてみました。
遊び紙もそれっぽい感じを狙ってみたのですが、うまくチョコミントっぽい感じになってるかな。
また、今回のフリーペーパーはお手紙です。
新刊の内容にリンクしているもので、お手紙だけだとハテ? という感じだと思いますので、基本的に新刊をお買い上げの方にお付けしますが、もし既刊のみお求めの方でご入り用でしたらお声がけ下さい。
ペーパーはイベント限定での配布となりますが、内容はまた後日、こちらのブログに上げる予定です。

通販はいつものコミコミスタジオさんにお願いしております。
コミコミスタジオさん

その他、既刊を3種持ち込み予定です。
『白狼王の愛嫁 番外編再録集1』(A5/84P/600円)
『サーベルタイガーの蜜愛』(A5/52P/400円)
『竜人と運命のユタンポ』(A5/44P/400円)

既刊の在庫は『サーベルタイガーの蜜愛』が少なめです。
こちらの再版はしませんので、お求めの方はお早めにいらしていただけたら幸いです。

当日は著書や同人誌へのサインも承りますので、お気軽にお声がけ下さい。
ただ、スペースは私一人での対応となりますので、混雑時はいったんお預かりし、お時間を置いて後ほど取りにきていただく形をとる場合があります。
13時くらいまでは混雑しがちで、基本的にお預かりになると思いますが、頒布優先とさせていただきます、ご理解ご了承下さい。

あと数日かと思うと緊張しますが、お会いできるのを楽しみにしております。
当日はどうぞよろしくお願いいたします!

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

告知【文庫】 

文庫発売のお知らせです。
11/30にルチル文庫さんより、『猫可愛がり彼氏の初恋』が発売になりました。

お話としては、幼馴染み年下攻め初恋ものです。
受験生の篤は、志望大学に通う二つ上の幼馴染み、郁也に家庭教師をしてもらうことになる。
しかし、篤にとって郁也は初恋の相手。
美形で雰囲気のある郁也の思わせぶりな仕草にドギマギしてしまう篤だが、幼い頃から篤のことを猫可愛がりしている郁也は、そんなことお構いなしに接してきて……。


今回は、とにかくメスお兄さんが書きたくて(笑)
どうした?って自分でも思うくらい、無性に書きたくてたまらなかったのですよね……。発作かな?
イラストはカワイチハル先生です!
担当さんに、「今度はメスお兄さんが書きたいんです! コンセプトは『エッチなお兄さんは好きですか?』です!」と鼻息荒くお話している時に、実は今回はカワイチハル先生にお願いしようと思っていて、とお話が出たもので、先生の可愛らしいイラストにそんな欲望まるだしなお話を書いていいのかと一瞬ひるみました……。
しかも私、最初は攻めをごりごりの柔道部主将にしようと思っていて。
なんとなく、たおやかなメスお兄さんにはゴリラみたいな無骨で大柄な童貞攻めがいいかなって……。
いや駄目だ、さすがにもうちょっと爽やかな攻めにしないと駄目だ、だってせっかくカワイ先生に描いていただくんだし!と思い直し、最終的に攻めの篤は剣道部主将になりました。思い直してよかったです。
おかげで表紙の篤がとても爽やかなのですが、それ以上にイメージぴったりなのが受けの郁也で。
綺麗で優しそうでいい匂いがしそうで、色気と可愛らしさがにじみ出てる、まさにメスお兄さん!
今回カワイ先生はキャララフの段階から本文の外見描写、サラサラの髪とかうるうるの瞳とかをたくさんメモして下さって、いただいた時にはどれだけメスお兄さんの描写に力を入れてるんだ自分……とちょっと恥ずかしく思いつつ、これですー!と一人で叫んでしまいました。
表紙の髪の色とか唇の形とか、もうめちゃめちゃ綺麗で、見る度にじっと見入ってしまいます。
また、今回表紙にはメインの二人だけでなく、作中に出てくる犬のきなこ餅と黒蜜も描いていただいていますv
カワイ先生の描かれるワンコやニャンコが大好きなもので、是非カラーで見たい!とお願いしてしまいました。
二人と二匹が仲良しさんな、癒やし満点の表紙にしていただいたので、是非是非ご覧下さいv

メスお兄さんってすごいパワーワードだね、と幾人かの知り合いに言われたのですが、個人的には端的に性質を表している素晴らしい単語だと思っています。
だって、メスお兄さんってだけでもう、エッチな美人受けってことが確約されてるじゃないですか!
年下攻めは大好きで何作か書いているのですが、今回みたいな年上受けは書いたことがなかったので、すごく楽しく書きました。
メスお兄さんって……、と単語で引いてしまわれるかもしれないのですが、甘々の可愛いお話ですので、身構えずお手にとっていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたしますv

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

告知【雑誌】 

風邪で伏せっていて遅くなってしまったのですが、雑誌掲載のお知らせです。
11/22発売の小説charaさんに、『不協和音のソナタ』を掲載していただいています。

今作は、ジャズピアニスト×クラシックピアニストの、音大の卒業コンサートを巡ったお話です。
クラシック科主席の青野千晴は、教授から頼まれて、卒業コンサートのフィナーレでジャズ科の主席、東流星と共演することになる。
ジャズ嫌いの千晴は流星を突き放そうとするが、破天荒で自由奔放な流星はぐいぐい距離を詰めてきて……。

イラストは金ひかる先生です。
実は金先生は二度目ましてなのですが、(一度目も雑誌掲載作です)何度目だって緊張しますね……!
表紙をカラーで描いていただいたのですが、金先生は二人の背景にピアノを描いてくださっていて。
まさかピアノまで描いていただけると思っていなかったので、とてもとても嬉しかったです。
繊細な感性の千晴と、剛胆で情熱的な流星という、水と油な二人も素敵に描いていただいたので、是非ご覧下さい。

今回のお話は、作中でも出てくる、『二台のピアノのためのソナタ』という曲の演奏を聴いて思いついたお話です。
作中ではジャズとクラシック、それぞれの弾き方でソロ部分を弾き、一つの曲としてまとめ上げていますが、実際にそういった演奏を聴く機会がありまして。
私自身も学生の頃にピアノを習っていたので、クラシックとジャズでこんなに弾き方が違うのか、と衝撃を受けたのがきっかけです。
私は途中でピアノの道を諦めてしまったのですが、主人公たちの音楽に対する迷いとか、思いとか、少し懐かしくなりながら書きました。
いくつか曲も登場するのですが、どう表現したらメロディが聞こえるような文章になるかなとか、作曲家の魅力が伝わるかなとか、私なりに一生懸命考えて書きましたので、こんな曲があるんだ、と知っていただくきっかけになったらなと思ってもいます。

昨今の著作の中ではちょっと珍しいタイプのお話ですが、ご機会がありましたらお手にとっていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

J.GARDEN43お礼&フリーペーパー分SS 

J庭43に参加してきました。
5回目のサークル参加となりましたが、いつまで経っても慣れないものですね!
多少は落ち着いてきたかなと思ったのですが、やっぱり設営はギリギリだし、すぐテンパるし、舞い上がるし。
でも読んで下さった方から直接ご感想を聞けたり、お話ができる機会はやはりこういったイベントのみなので、とてもとても嬉しかったです。
スペースに足をお運びくださった方、お声がけくださった方、お手紙や差し入れをくださった方、本当にありがとうございました。
そして! もうなによりも!!
スペースが混む度にサッと助けて下さった月東先生がもう本当にありがたすぎて……。
もうなんとお礼を申し上げてよいのやら……。
とりあえず今度呑む時、一杯おごらせて下さい……!
本当にありがとうございました!

そしてそして、今回は新刊が早々に完売となってしまい、せっかく来てくださったのにお渡しできなかった方もいらして、大変申し訳ありませんでした。
通販申し込みます!と仰ってくださった方も、本当にありがとうございます。
次回春庭の参加はまだ未定なのですが、参加の場合、残部があれば持ち込みます。
ですが、それまでは通販の方に優先的に在庫を回しますので、確実に入手されたい方はコミコミさんの通販をご利用下さい。

コミコミスタジオさん

いつもの通り、フリーペーパー分のSSも上げておきます。
ご褒美、お楽しみ下さいませv

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

『竜人と運命の対』番外編 ~ご褒美~

「アースラ、いる?」
 客室の扉をノックしながら、陽翔は声をかけた。
 ナジュドとの戦いが終結し、ジーンが竜王の座を継ぐと決めた夜のことだった。竜人族と共に戦ったソヘイル軍とキャラバンの面々は、明日にはこの地を去ることになっている。別れの宴はまだ続いていたが、キャラバンの女長、アースラは早々に部屋に引き上げており、陽翔は今までお世話になったお礼を言おうと部屋を訪ねてきたのだ。
「ああ、いるよ。入りな」
「うん、お邪魔しま……」
 アースラの応えに頷き、部屋に入りかけた陽翔だったが、皆まで言う前に固まってしまう。何故なら、そこには。
「おお、陽翔か。悪いが、このままでよいか?」
「いいわけがあるかい。さっさとどきな、ラヒム」
「だがタニリカ、これは私の『褒美』だからのう」
 床に座ったアースラの膝に頭を乗せて寝転がるソヘイルの王、ラヒムがいたのだ。
「な……っ、なっなっ、なにして……っ」
 カーッと顔を赤くして慌てる陽翔に、アースラがため息交じりに答える。
「……今回はこの人の手配が早かったおかげで、色々と助かったからね。なにか褒美でも、と聞いたらコレだよ」
「なににも代え難い、至福の時間だ」
 どうやらラヒムがご褒美にと望んだのは、アースラの膝枕だったようだ。愛する女を見上げ、ご満悦そうに目を細めるラヒムの額をぺちんと叩きながら、アースラが肩をすくめてみせる。
「で、なにか用かい?」
「よ……、用って、いうか……」
 照れるでもなく、ごくごく普通に用件を聞いてくるアースラに、陽翔は面食らってしまった。
 あまりにも堂々としている二人に、こっちの方が恥ずかしくなってしまう。用っていうかぁあ、と目を回しそうになった陽翔だったが、その時、背後から声がかけられた。
「陽翔、ここにいたのか」
「ジーン……!」
 振り返った陽翔の顔が真っ赤なことに気づいたジーンが、部屋の中を覗き込み、ああ、と合点する。
「……ご褒美中か」
(なんでそんな察しがいいんだよ……ッ!)
 内心呻いた陽翔をよそに、ジーンが二人に声をかける。
「取り込み中すまなかった。陽翔も挨拶に来ただけのようだから、また明日改める」
「ちょっ、勝手になに言って……っ、うわ……!」
 ジーンに向き直りかけた陽翔だったが、そこでジーンが陽翔をひょいっと片腕に抱き上げる。そのまま廊下を進む竜人の恋人に、陽翔はじとっとした視線を向けた。
「……オレ、アースラとゆっくり話したかったんだけど」
「あんな状態でまともに話せないだろう?」
 アースラはともかく、お前の方が無理だと言われて、陽翔は憤慨する。
「そんなこと……っ」
 けれど、自室に引き上げたジーンは陽翔を敷物の上に下ろすと、その膝に頭を乗せてごろりと床に横たわった。
「……なにしてんの、ジーン」
「羨ましくなった。俺も陽翔に膝枕してもらいたい」
「はあ?」
 なにを言い出すのかと目を丸くした陽翔だが、ジーンは赤い瞳を細めてじっとこちらを見つめてくる。愛しさが溢れるようなその瞳に、陽翔はどぎまぎと視線を泳がせた。
「……男の膝なんて、固いよ」
「ああ」
「オレの膝、ジーンの枕にするには小っちゃいし」
「そうだな。……でも、お前の膝がいいんだ、陽翔」
 長い腕を伸ばしたジーンが、鱗に覆われた指の背で陽翔の頬を撫でてくる。さらさらとしたその感触に促され、陽翔がジーンの大きな口元に唇を寄せた、その時。
「陽翔ー!」
「……っ!」
 バーン、と扉が開けられ、陽翔は思わずジーンを床に転がしていた。痛い、と呻いたジーンをよそに、部屋に飛び込んできたラビが大興奮で陽翔に告げる。
「いっ、いっ、今、長の部屋に行ったらな……!」
「……う、うん、知ってる。オレもさっき行ったから」
 熱くなった頬を手でパタパタ扇ぎながら言った陽翔に、ラビが肩の力を抜く。
「そうなのか? びっくりするよな! だってさ……」
「……ラビ」
 話を続けようとするラビに、ジーンが地を這うような低い声を発する。その背後では、太い尾がびったんびったん波打っていた。
「俺も今、『ご褒美中』だったんだが」
「え……」
「ラ、ラビ! 宴に戻ろう! な! ジーンも!」
 これ以上ジーンが妙なことを言い出さないうちにと、陽翔はそそくさと二人の背を押して部屋を出る。
「……ご褒美……」
 呻くジーンの背をぺちんとやりながら、陽翔は後で、とこっそり囁いたのだった。

~J.GARDEN43フリーペーパー~

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。