猫と小説と煩悩と

BL小説書きの日記です。内容にBLを含みますので、閲覧にはご注意下さい。

 

告知【文庫】 

ルチル文庫さんより、『エルフ王と愛され子育て』が発売になりました。
イラストは石田要先生です~。
私の場合、イラストの先生が先に決まっていることが多く、
この先生だったらこのキャラ、という形からプロットを作ることが多々あるのですが、
今回もこのパターンです。
石田先生の美形攻め様を見たい一心でのエルフ王、
石田先生の可愛いちびっ子を見たい一心での子育てものです(きっぱり)
作中の挿し絵も美しいのですが、特に口絵はもう是非見ていただきたい……!
いろんなところで言ってますが、ほんとに素敵すぎて昇天しそうです。
今回コミコミさんと電子書籍とで特典のSSを2種書いたのですが、
書いたのがこの口絵をいただいた後だったので、
思わずどちらにも手の甲にキスするシーンを入れてしまいました。
是非是非うっとり眺めていただけたらと思います……!

お話としては、エルフの王様×幼稚園の先生の異世界子育てものになります。
幼稚園教諭の尚人は、ある日受け持ちの園児、礼音から「ママになって」とお願いされた途端、
目映い光に包まれ、エルフの世界へとトリップしてしまう。
目の前に現れた耳の長い美丈夫ルシウスは、礼音の養父であり、エルフの王だった。
礼音に厳しくあたるルシウスに、最初は反発を覚える尚人だが、
次第に彼の不器用な優しさに惹かれるようになり――。

攻めのルシウスは、美形で魔力も強い割に不器用な王様です。
詳しくは本文を読んでいただければと思うのですが、物理的にもめっちゃ不器用(笑)
スペック高いはずの人が不器用というのがたまらなく好きなので、
そういったシーンはとても楽しく書きましたが、
王様らしく決めるとこはちゃんと決めてくれたので、糖度もなかなか高いんじゃないかな。
一点心残りは、せっかくのエルフだから、弓を使うシーンも入れたかったなーと。
今回は王様ということと、子育てものということで、魔法寄り仕様になっています。
あと、ルシウス様は弓より魔法かなって……。不器用だから……(笑)
どこかでまたエルフを書けたら、今度はがっつり弓を使うシーンを書きたいです。
受けの尚人は、ある意味ごく普通の子になるよう心がけて書きました。
過去に悲しい出来事があって、そこは彼の抱えるコンプレックスになっているのですが、
そこ以外は普通の子供好きな優しい先生というイメージです。
あと、今作はあちこちに子供が出てくるのですが、小さい子を書くのも楽しかったです。
特に尚人先生のことが大好きな礼音くんは、書いててにまにましっぱなしでした。

美しいエルフの世界で、可愛いちっちゃい子に癒される優しいお話になったかな、と思います。
お手にとっていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード